So-net無料ブログ作成
日本帝國鐵道 常越本線 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

115系1000番台冷房準備車のウェザリング [日本帝國鐵道 常越本線]

山を走る列車は、ある程度汚すとそれらしくなるような気がして、常越本線を走らせる列車は、最近ウェザリングを施工しています。

IMG_5213.jpg 

IMG_5210.jpg 

子供の頃、今は亡き父親に連れられて出かけた谷川岳や湯の小屋、上野原高原、尾瀬など上越国境近傍の山々へ登山に行く時は、毎年のように乗っていたような気がする上越線の115系。

IMG_4938.jpg

例えば、小学5年生の時、夜の11時過ぎに上野を出発する越後湯沢行きの夜行臨時列車に乗って出かけた谷川岳登山。

この時は、ボックスシートの下に新聞紙を敷いて眠り、未明に土合駅に着いてからは、眠い目を擦りながら、長い階段を登って天神平のロープウェイの駅まで移動し、ロープウェイが動き始めるまでは、建物の軒下で寝袋に包まり眠り、早朝から日が暮れるまでは、炎天下を歩き通した夜行日帰りの山登りでしたが、この時も、確か115系に乗ったような覚えがあります。

IMG_5193.jpg 

その115系の冷房準備車を、屋根周りを中心にウェザリング。  

IMG_5194.jpg 

ウェザリング済みの機関車と並べて、遜色がないくらいに汚した115系。 

IMG_5196.jpg 

クモハとモハの連結部、すなわちパンタグラフの前後は、架線の銅の錆びの付着を模擬する為に赤っぽく、それ以外は黒気味に汚しています。 

IMG_5212.jpg 

 

IMG_4933.jpg

IMG_5198.jpg

IMG_5200.jpg 

IMG_4935.jpg 

IMG_5205.jpg 

IMG_5207.jpg 

IMG_5208.jpg 

 IMG_4937.jpg

 


「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


寝台特急「あけぼの」ウェザリング編成、入線 [日本帝國鐵道 常越本線]

寝台特急「あけぼの」にウェザリングを施し、常越本線を走行させています。 

IMG_5172.jpg

IMG_5178.jpg

機関車の次に連結される電源車の屋根は、ディーゼルの排気ガスによって黒ずんでいる様子を再現。 

IMG_5174.jpg

IMG_5175.jpg

IMG_5179.jpg

IMG_5181.jpg

IMG_5183.jpg 

IMG_5185.jpg 

IMG_5186.jpg

 IMG_5187.jpg

IMG_5192.jpg 

 


「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


ウェザリング後の383系、常越本線を走る [日本帝國鐵道 常越本線]

3月に調達したエアブラシを使用して、先月から練習中のウェザリング技法。現在、日本帝國鐵道常越本線で活躍中の車両を少しずつウェザリング中です。単体としてウェザリング可能な機関車や、数量での施工が可能な貨車の次に手掛けたのが、115系3両編成やE127系2両編成、キハ58やキハ40などの短編成などでした。

その次に、24系寝台列車6両、383系の6両編成に対してウェザリングを手掛けてみたのですが、今回は383系について紹介します。

1IMG_4501.jpg

2IMG_4494.jpg

ウェザリングに際しては、きらきらと輝く383系の車体に反して、曲線の多い山間部を走行するにつれて汚れていった床下や台車を再現したくなり、車輪や集電機構を全て分解し、茶色系統の色彩を強めた調合塗料にて塗装を実施。 

3IMG_4570.jpg

4IMG_4542.jpg

前面の白い“おでこ”の上にも、汚れを施しています。 

IMG_4530.jpg

5IMG_4532.jpg

鉄橋の上で、レイアウト前面から入り込む自然光を当てて撮影。床下の汚れがそれなりに再現できていると自己満足。

6IMG_4526.jpg

また、屋根上もパンタグラフの前後に渡って飛び散った金属粉が付着して、錆びている様子を再現できたのではないかと自己満足。 

7IMG_4521.jpg

蛍光灯の下で撮影。 

8IMG_4506.jpg

9IMG_4518.jpg

鉄橋の上を走行する時は、列車の下や上にも目が付く為、ウェザリングの効果は顕著に現れると思いました。

10IMG_4482.jpg

11IMG_4483.jpg

12IMG_4510.jpg

13IMG_4516.jpg 

木々に囲まれている線路上では、自ずと屋根の上に目が行きます。 

14IMG_4486.jpg

16IMG_4515.jpg 

15IMG_4513.jpg 

17IMG_4480.jpg 

ウェザリング技法は自己満足の表現に過ぎないのかもしれないと思いつつも、自ら構築した風景の中に列車を溶け込ませ走らせたり、自ら思い描く列車の情景を再現させるようとする当初の目論見の達成のためには、ピカピカの車体よりも、自然の中で汚れたり、歴史を積み重ねて経年劣化してきた列車を製作することも大事な作業要素なのではないかと改めて思いました。

パンタグラフや台車も含めて、控えめなウェザリングを心がけて、一気に6両仕上げてみました。次回以降は、別の車両について。

 


「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


ウェザリング済みEF64-1000、日本帝國鐵道入線 [日本帝國鐵道 常越本線]

エアブラシでウェザリングしたEF64-1000のうち、原色塗装の機体にジャンパ栓、解放テコを追設し、ついでに製造銘盤も設置。

JR貨物仕様の重連として、日本帝國鐵道常越本線へ入線しました。 

IMG_4673.jpg

機関庫の中のEH200,EF64-1000(国鉄仕様),EF62も経年劣化(?)済み。 

IMG_4992.jpg

タキ1000もウェザリング済み。 

IMG_4686.jpg

IMG_4689.jpg 

IMG_4994.jpg 

IMG_4998.jpg

IMG_4676.jpg

IMG_4999.jpg

IMG_5001.jpg

IMG_5005.jpg

IMG_5004.jpg

IMG_5006.jpg 

IMG_5011.jpg

IMG_5028.jpg 

 


「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


BSアンテナの製作と設置 [日本帝國鐵道 常越本線]

行きつけの鉄道模型屋「MODEL Train Bleu」さんで見つけたTVアンテナのキット。RM Modelsが2008年ごろ販売したキットです。

レイアウトを製作していた時、既に通販の在庫はなく、入手困難だったのですが、1ヶ月ほど前、「MODEL Train Bleu」のマスターと雑談をしていたとき、アンテナが一セット、偶然残されていることを知り、購入したものです。

IMG_3895.jpg

IMG_3897.jpg

先日は、「こばる」さんの地デジアンテナのキットを組立てましたが、今回はこのキットには含まれていないUHFアンテナを製作。

IMG_3906.jpg 

さらに、「こばる」さんのキットに含まれているBSアンテナを製作しました。 

IMG_3898.jpg 

アンテナを切り出す前に、プライマを吹き、白色塗装。

IMG_3901.jpg

静止衛星の方向の位置を仮定して、全てのアンテナを一様の方向に向けて設置。 

IMG_3902.jpg 

IMG_3905.jpg

IMG_3904.jpg 

IMG_3903.jpg 

IMG_3911.jpg 

IMG_3912.jpg 

 

 

 


「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


架線柱の碍子交換と架線の再固定 [日本帝國鐵道 常越本線]

レイアウトの完成後、架線が外れる度に固定していた碍子と架線。

IMG_3916.jpg

レイアウト手前にあるため、接着剤の痕跡が目立っていた碍子を交換することにしました。

IMG_3918.jpg

「こばる」製の2連碍子をΦ0.1mmの金属線を用いて架線を固定する目論見。

IMG_3917.jpg 

碍子の中心に空けられたΦ0.3mm程度の穴にΦ0.1mmの金属線を通して、架線をU字型に吊るしてみました。

 

碍子の上越線色の架線柱に、白と緑のタッチアップを施工。

IMG_3919.jpg 

IMG_3923.jpg

駅構内の他の架線柱においても、碍子交換と架線再固定を実施。左奥の乗務員は余興です(笑)。 

IMG_3924.jpg 

あわせて、本線入口付近の架線柱にも同様の加工を実施。

IMG_3921.jpg 

碍子と架線柱の塗装のタッチアップ。 

IMG_3896.jpg

碍子の交換作業は初めての試みでしたが、こばるの碍子とΦ0.1mmの金属線のお陰で、無事に作業が終わりました。

 

 


地デジアンテナの製作とレイアウト上の家屋への設置 [日本帝國鐵道 常越本線]

半月ほど前、土浦の模型店で見つけた150分の1の大きさの地デジアンテナ。

IMG_3851.jpg

残り一袋だったので、衝動買いしてしまいました。

IMG_3852.jpg 

エッチングで構成された地デジアンテナとBS/CSアンテナ。

IMG_3854.jpg 

折り曲げるとすぐ折れてしまいそうな太さの細線を瞬間接着剤で固定しながら製作。 

IMG_3855.jpg

さらに台座を切り出して、接着。

IMG_3856.jpg 

製作した一本のアンテナをひとまず仮固定 

IMG_3863.jpg

周囲を山に囲まれている地形の為、アンテナは屋根の上で比較的高く設置。さらにワイヤで四方を固定されていることを前提として、屋根の中央部に取り付けることににしました。 

IMG_3858.jpg 

この後、「日本帝國鐵道常越本線」というミニチュアの世界で、電波が発信源である中継局の位置をレイアウト手前右側へ定めて、レイアウトの上の家屋に載せたアンテナの方向を一様に決定しました。

IMG_3854 (2).jpg

IMG_3865.jpg

IMG_3862.jpg

IMG_3861.jpg

IMG_3860.jpg

IMG_3867.jpg

地デジアンテナに引き続き、今度はBS/CSアンテナを設置しようと思います。 

 


「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


臨時急行「天の川」連結面間隔の短縮 [日本帝國鐵道 常越本線]

ホームに停車可能な列車を可能な限り長くする為、連結面の間隔を短縮中。先日連結間隔を短縮した特急「北陸」に続き、臨時急行「天の川」秋田行きの列車も施工。 

IMG_3834.jpg

あわせてトイレタンクも取り付け。 

IMG_3839A.jpg 

IMG_3840.jpg 

IMG_3842.jpg 

IMG_3848.jpg 

重連で急勾配上を牽引中。 

IMG_3844.jpg

IMG_3846.jpg 

IMG_3850.jpg 

IMG_3852.jpg

IMG_3853.jpg 

IMG_3837.jpg 

IMG_3841.jpg 

鉄橋の上では、床下機器の配置がよく判ります。

IMG_3842.jpg 

IMG_3839.jpg 

IMG_3847.jpg 

ホームに収まった列車群。

IMG_3845.jpg 

有効長の有効活用のため、連結面間隔の短縮作業は継続的に実施していく予定です。 


常越本線特急「とき」と寝台特急「北陸」 [日本帝國鐵道 常越本線]

IMG_3833.jpg
 
IMG_3821.jpg 
 
IMG_3827.jpg 
 
 IMG_3825.jpg
 
IMG_3832.jpg
 
 IMG_3823.jpg
 

「にほんブログ村」のブログランキングへ参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

「日本帝國鐵道」のホームページです。

Banner_TEIKOKU_HP_2.JPG


常越本線上の183系特急「とき」 [日本帝國鐵道 常越本線]

先日入線準備を終えた183系1000番台、特急「とき」。

165系急行との列車交換。

IMG_3724.jpg

ロクヨンセンとの離合。 

IMG_3730.jpg

IMG_3731.jpg

湯檜曽川(模擬)の鉄橋。

IMG_3733.jpg

IMG_3735.jpg

急勾配区間。2M編成の為、停止することなく走行。

IMG_3736.jpg 

IMG_3739.jpg

新清水トンネル(模擬)の入口。

IMG_3741.jpg

踏切近傍にて。

IMG_3742.jpg 

 

 


前の10件 | 次の10件 日本帝國鐵道 常越本線 ブログトップ

 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。